TAKUGEN TAKAHARA BLOG|フリーランス美容師

フリーランス美容師は工夫が大事

time 2017/10/26

フリーランス美容師は工夫が大事

“美容師だから休めない” では何も変わらない
社会で美容師が憧れの職業になるために

こんにちは☆

お酒よりイルミネーションが好き 高原卓玄です☆

正しくはお酒飲めません 高原です。

今日はフリーランス”パパ美容師”について書きたいと思います。

美容師ではない方は下のイルミネーションだけ読んでください(^^)♪

 

美容師は土、日、祝日が休めない

パパは美容師だから運動会、見に来てくれない。

パパは美容師だから幼稚園の参観日に来てくれない。

子供たちの休みの土日祝日に家族で過ごせない。

もちろん、近年は土日祝休みではない職業が増え、美容師に限っての話ではないかもしれない。

だからと言って、「土日祝は休めないから、子供たちママお願いね!」

これでいいのか?!

この生き方、幸せですか?

※日本全国の美容室が土日祝は休みを取れないということではありません。
土日祝日に休みを取れる美容室もあります。

 

フリーランス美容師の場合

子供が未収園児の間は定休日を平日にして、色んな場所に平日休みの特権(どこも空いている)を使って出かける。

入園して子供が土日祝休みになったら工夫して子供たち(妻とも)との時間を作るべき。

近年はインターネット、SNSが発展しフリーランス美容師にとっては、ありがたい時代。

このブログもその1つである。

  • ブログで運動会や参観日などなど休みをとる日を前もって告知する。
  • LINE@FacebookInstagramなどのSNSで告知する。
  • 予約システムを導入していつが休みなのかいつが予約取れるのかを予約システムを開くだけで、お客様が一目で分かるようにしておく。

ただ「今週は日曜日休みます。」ではなく、その分日曜日休む週は定休日の日を出勤にしたり、営業時間を長くしたりとサラリーマン美容師ではなかなか難しいけど、フリーランスだからこそできるゆうずうを利かせて対応すれば問題ないのでは? ※詳しくは前回の記事にて

 

ハッピーな人の所に集まるでしょ?

疲れてる、元気のない、不幸せな美容師に髪触られたいと思いますか?

世の中の人々を笑顔に、幸せにできる職人 美容師”

目の前のお客様を幸せにしたい!笑顔にしたい!と望むからこそ

まずは美容師ハッピーにならないと、いけないんじゃないかな。

日本の美容業界、革新のために。

 

お客様を幸せにできない美容師は家族も幸せにできない。

家族を幸せにできない美容師はお客様も幸せにできない。

 

 

あっ

そうそう(^^)b

先日、夜予約が入らなかったので少し早く上がらせてもらって

毎年恒例のイルミネーションをチビ達と見てきました♪

よみうりランド ☆ジュエルミネーション☆

地元だからひいきしてると言われちゃうけど

でもね、でもね!

本当にオススメ!

めちゃくちゃ

さむーーいから

暖かくしてご来園ください。

 

よみうりランド ☆ジュエルミネーション☆

 

 

フリーランス美容師を目指す美容師さん、気軽にご相談ください♪

ご相談、お問い合わせはコチラから

LINEお問い合わせ窓口

 

いいね♪と思ったらシェアお願いします(^^)
↓ ↓ ↓ ↓ ↓

プロフィール

高原 卓玄

高原 卓玄

都内有名サロン2店舗を経て 2006年 Lanihair原宿店オープニングに参加。 入社わずか9ヶ月で店長に就任。 清水秀仁氏(現Lani5710 producer)に経営学を学ぶ。 2010年 原宿にヘアサロンPatioをプロデュース。 経営をみながら自身も数々の芸能人、アイドルグループ、スポーツ選手のヘアを担当。 2014年 日本の人口が減少していく中、引き続き増え続ける美容室(現在24万件)に疑問を抱き、フリーランス美容師に転向。 2017年 原宿・表参道エリアをメインにサロンワークをこなす傍ら、埼玉や長野エリアをはじめ、日本各地の美容室を“シェア”して出張美容師として多くのお客様を担当。 2018年 日本のヘアカット技術をアジアへ。 語学を活かし、韓国のヘアサロンにて、日本のカット技術を講師活動中。 日本の美容業界のイノベーションを実現させるため、フリーランス美容師として活動し、これからの美容師のカタチを自ら体現することで、業界の牽引と革新を目指します。 [詳細]



プライバシーポリシー